福祉機器とバリアフリー情報をお届けするWEBマガジン

国際福祉機器展2017(HCR)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
吉田たかし
福祉機器キュレーターとして、様々な機器の情報収集や、モニタリング、コンサルティング、執筆などがお仕事。 鯵の南蛮漬けとカレー好き。バリアフリーチェック、スーパーのプライスチェックはかなりの上級者。(実は厚労省指定難病持ち)  福祉用具専門相談員/福祉住環境コーディネーター/ヨガインストラクター   著書:「はじめての介護用品(在宅編)」パブリックブレイン

今年も国際福祉機器展が始まりました。

昨年と大きく違うなと感じたところが、

福祉車両ブースの拡大でした。

その分、機器メーカーの出展がかなり減っており、

数年前からの有名メーカー撤退が続いているような気がします。

 

さて今年の動向はどうなっているのでしょうか。

 

やはり最近で一番賑わせているのがこちらのWHILLさん。

会場内レンタルもされているようで。

まるで外車ディーラーのよう。

 

そして子供用バギーも多い気がします。

コンパクトな折り畳みは人気でした。




徳武産業さんも新商品が多数ありましたね。

 

 

こちら海外のメーカーさんですが、

コンパクトで持ち運びできる車いす。

なにやらポータブルトイレのような感じですが、

便器にバックで下がり、そのまま排泄するという。

 

おそらく海外のシンプルな便器に対応していると思われ、

日本の大きなハイテク便器だとどうでしょうか。

 

それにしても発想が凄い。

 

片手でも折りたためてコンパクトに。

 

 

こちらは車いすに取り付けるホルダーなどなど。

タブレットやGoProなんかもいけます。

 

NPO法人さんのアクティビティなども。

 

 

 

毎回思いますが、HCRとギフトショーは本気で見ると2日はいりますね。

そしてなんだかんだで新規参入もあったりで勉強になりました。

 

2020のパラリンピックもありますから、今年が来年に繋がり

バリアフリー含めて更なる進化を期待したいと思います。




この記事を書いている人 - WRITER -
吉田たかし
福祉機器キュレーターとして、様々な機器の情報収集や、モニタリング、コンサルティング、執筆などがお仕事。 鯵の南蛮漬けとカレー好き。バリアフリーチェック、スーパーのプライスチェックはかなりの上級者。(実は厚労省指定難病持ち)  福祉用具専門相談員/福祉住環境コーディネーター/ヨガインストラクター   著書:「はじめての介護用品(在宅編)」パブリックブレイン

- Comments -

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Copyright© Welfare&Barrierfree , 2017 All Rights Reserved.